スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
公園の倉庫
今日は僕の体験談をお話するのできいて下さい♪

僕はちょっと昔、夕方に家の近くの公園の周りを散歩する日課がありました

その公園の隅っこにはちっちゃい倉庫があるんですけど、薄暗いし気味悪いので
近づかないようにしてました

でもとある日、その倉庫の扉がちょっとだけ開いてたんです
なんでだろうと思いながら、ちょっとだけ近づいてみたんです

そしたらいきなり

「きぃー」・・

っと扉がさらに開いたのです
怖くなって僕は走って逃げました

今でも扉が開いた原因は分からないですけど
ひとつだけ言えるのは

あのとき人はいなかったのと

風はいっさい吹いていなかったということです・・
スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/01/15 23:11 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<真夜中に・・ | ホーム | 枕もとに立つ女>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irukanorin.blog18.fc2.com/tb.php/9-baa02f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。