スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
座禅
りんです♪
だんだん夏が近づいてきましたね!
怖い話をきいて涼しくなる季節です

あ・ちなみに僕の氷の魔法の方が涼しくなれますけどね♪

今日はこのお話をきいて下さい


これは大学生Jさんの体験談です。

その日Jさんはサークルの飲み会に参加しました。
飲み会はすごく盛り上がり、お開きになったあともJさんは友達四人と近所の公園でたむろしていました。

若者数人が集まると、ろくなことを考えないもので、泥酔した五人は、お寺の墓場に入り込み暴れだしました。

お供え物をなげたり、墓石の上に乗っかったり、友達の一人は卒塔婆を引っこ抜き『渇!』と言いながらみんなの肩を叩いたり、罰当たりなことをしていました。

すると、本堂のほうからお坊さんが、『こらー!お前たちなにをしている!』と怒鳴りながら棒を手にもち走ってきました。

五人はあわてて逃げ出し、塀を乗り越えて逃げようとしました。

ところが、Jさんと卒塔婆を振り回したAさんの二人は有刺鉄線が引っかかり逃げ遅れてしまいました。

お坊さんに追い付かれ、精神の修行が足りないと、二人はその場に座禅をさせられました。

塀に体をむけ座禅をしているあいだ、お坊さんが二人の後ろを

ずっ ずっ ずっ

と行ったりきたりしています。

草履のすれる音で、緊張と恐怖にかられ二時間近く座禅をさせられ、でもお坊さんは黙ったまま後ろを行ったりきたりしている。

Jさんはお酒が入っていることもあり、そのうちうとうとしてしまいました。

すると『大丈夫か?』と友達の声がきこえる。

気がつくとAさんとお坊さんはおらず、一人で座禅しているところを助けに戻ってきた友達に発見されました。

四人は必死にAさんを探しだしました。

Aさんは、本堂のなかで倒れていました。

Aさんを起こし、話をきくと、お坊さんが『もういいから茶でも飲まんか』とAさんだけを許し本堂のなかでお茶をだしてきたといいます。

しかしそのお茶は、なんだか尿臭いというか獣臭いというか、すごく嫌な味だったみたいです。

そこから記憶がなくなっいました。

おかしく思った五人は、お寺について後日調べてみると、そのお寺には住み込みの住職はおらず昼間にお坊さんがきて管理しているだけでした。

あのお坊さんは何だったのか…

狐に化かされたのかも知れませんね…




スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/05/11 21:16 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<実験 | ホーム | た○し軍団>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irukanorin.blog18.fc2.com/tb.php/19-f0089b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。