スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
山形の実家(後編)
最近少しずつ暖かくなってきましたね
でもまたちょっと寒くなっていただきますね(笑)

この前のお話の続きです

親戚のおじさんはその家の同じ部屋に泊まったことがあるんです。
そして不思議な体験をしているんです。

それは、夜寝ているとき、ふと仏壇の前あたりから
「すーっ…すーっ…」という畳をする足音が聞こえてきて、
足音のかんかくから推測すると部屋をでて台所まで行って、
キュッキュッって蛇口を開けてコップに水を入れてる音までするんだって。

そしてそのあとまた足音が近づいてきて
「すーっ…すーっ…」って部屋に入ってきて、仏壇の前あたりでとまったらしいんです。

朝起きて、寝ぼけてたのかなって思って仏壇をみたら、
コップの水が空っぽになってたんだって・・

喉がかわいて、それを知らせたかったんでしょうね

その部屋には何か不思議な力があるんですかね

今はもうその家は建て替えてなくなってしまったみたいですけど、
一度泊まってみたかったなぁ…



スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/03/02 20:48 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<何の音? | ホーム | 山形の実家(前編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://irukanorin.blog18.fc2.com/tb.php/14-4f0c6495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。