スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
呪われた仮眠室
今日は僕が考えた話を、某恐怖番組の体験談ふうに紹介します
それではVTRどうぞ


この日私は、会社の残業で深夜二時までデスクに向かっていました。

連日残業続きで疲れがたまっていた私は、
帰るのが億劫(僕より?)だったのでその日は会社に許可をとって仮眠室で眠ることにしました。


仕事を終え、仮眠室に向かった私は、とりあえず電気をつけようと思いスイッチを押しました。

しかし電球が切れているのか、反応がありません。
寝るだけだからまぁいいかと、探り探りでソファに横たわりました。

すると

ピチョン

という水の音が聴こえました。
最初はどこかの水道から水が滴っているのかと思い気にしませんでした。

しかし、時間がたつにつれ、落ちる水の量があきらかに増えていくのです。

しかし睡魔に勝てずうとうとしだした瞬間、わたしは金縛りにあいました。

霊感などまったくない私は、普段ならただの疲れからくる金縛りだろうと思い気にしないところですが、
身動きがとれない状態でボタボタ水が滴たる音が聴こえてくるのは何とも言えぬ恐怖感がありました。

音はどんどん増えていき、気づけば音の発生源は私を囲むようでした。
今まで目を瞑っていたわたしは、意を決して目をあけてみたのです。

すると…

わたしの周りを囲むように無数の生首が宙に浮いていました。

首からは血が滴りボタボタと音をならしていました。
ニタニタと笑いながらわたしを見ている首や白眼を向いている首…
私はそこで意識を失いました。

後日、上司にこのことを言うとこんなことがわかりました。

この会社は、大昔に首切りじょうがあった場所にたっていて、
敷地のどこかに一時的に首を保管する生首保管庫があったそうです。

もしかしたらあの仮眠室の場所が…保管庫だったのかも知れません。
それいらい私はどんなに忙しくても家に帰るようになりました。


スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/05/26 19:25 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
実験
今日はみなさんにある実験をしていただこうと思います

用意するものはございません

それではさっそく始めたいと思います。


まず、目を閉じます。

そして自分の家の玄関前に立っているところを想像します。

そしたらあとは、ドアを開け中に入り、家のなかをくまなく見て回って下さい。

お風呂場、トイレ、押し入れ、全てを。

それではやってみて下さい。























どうでしたか?







誰かいましたか?







どういうことかと言うと、この実験は家のなかにどれだけの霊がいるかどうかを調べる実験なのです

人、もしくは人状の影、これらの数だけ貴方の家には霊がいます

想像のなかで三人なら実際も三体霊がいるということです


0人ならもちろん霊はいないということ



あ…




言い忘れましたが…

この実験、一人では行わないで下さい…



一人でやると目を閉じている実験中に後ろに霊が立つ場合があります




目を開ければ消えるはずですが…

時には消えないことも…




一人でやった貴方…


後ろは大丈夫ですか…?


テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/05/14 22:18 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
座禅
りんです♪
だんだん夏が近づいてきましたね!
怖い話をきいて涼しくなる季節です

あ・ちなみに僕の氷の魔法の方が涼しくなれますけどね♪

今日はこのお話をきいて下さい


これは大学生Jさんの体験談です。

その日Jさんはサークルの飲み会に参加しました。
飲み会はすごく盛り上がり、お開きになったあともJさんは友達四人と近所の公園でたむろしていました。

若者数人が集まると、ろくなことを考えないもので、泥酔した五人は、お寺の墓場に入り込み暴れだしました。

お供え物をなげたり、墓石の上に乗っかったり、友達の一人は卒塔婆を引っこ抜き『渇!』と言いながらみんなの肩を叩いたり、罰当たりなことをしていました。

すると、本堂のほうからお坊さんが、『こらー!お前たちなにをしている!』と怒鳴りながら棒を手にもち走ってきました。

五人はあわてて逃げ出し、塀を乗り越えて逃げようとしました。

ところが、Jさんと卒塔婆を振り回したAさんの二人は有刺鉄線が引っかかり逃げ遅れてしまいました。

お坊さんに追い付かれ、精神の修行が足りないと、二人はその場に座禅をさせられました。

塀に体をむけ座禅をしているあいだ、お坊さんが二人の後ろを

ずっ ずっ ずっ

と行ったりきたりしています。

草履のすれる音で、緊張と恐怖にかられ二時間近く座禅をさせられ、でもお坊さんは黙ったまま後ろを行ったりきたりしている。

Jさんはお酒が入っていることもあり、そのうちうとうとしてしまいました。

すると『大丈夫か?』と友達の声がきこえる。

気がつくとAさんとお坊さんはおらず、一人で座禅しているところを助けに戻ってきた友達に発見されました。

四人は必死にAさんを探しだしました。

Aさんは、本堂のなかで倒れていました。

Aさんを起こし、話をきくと、お坊さんが『もういいから茶でも飲まんか』とAさんだけを許し本堂のなかでお茶をだしてきたといいます。

しかしそのお茶は、なんだか尿臭いというか獣臭いというか、すごく嫌な味だったみたいです。

そこから記憶がなくなっいました。

おかしく思った五人は、お寺について後日調べてみると、そのお寺には住み込みの住職はおらず昼間にお坊さんがきて管理しているだけでした。

あのお坊さんは何だったのか…

狐に化かされたのかも知れませんね…




テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/05/11 21:16 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。