スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
背中に・・
どうも。

『魔法使いの癖に魔法つかえないじゃないか!』

とよくイジメられる魔法使いりんです。
魔法が使えないわけじゃないんです。

ス○エニ風に言わせていただくと、MPが足りないんです。

いつもMPを使い切ってしまっているんです。
いつどこでMPを消費しているかは不明ですが…
歩いても自然回復しません。

言い訳をさせていただいたところで本題の怖い話に参ります。

今日は、何か面白い怖い話ないかなぁと探していたときに見つけた話を紹介します。


とある冷めきった夫婦がいました。

毎日喧嘩ばかりしても、離婚しないのは一人の幼い子供のため。

しかし、我慢の限界にきた夫が、ある日妻を殺してしまいました。

遺体を処理し、周りには妻は実家に帰っていると言い、
とりあえず一段落つきました。


しかし夫にはひとつ不思議に思っていることがありました。


それは、妻がいなくなってもう3日たつというのに、
子供が全然寂しがる素振りも見せないのです。

夫は、何気ない感じで子供に聴きました。

『お母さん最近帰ってこないけど寂しくない?』

すると子供は言いました。

『寂しくないよ。だってママいるもん。パパの背中にずっと抱きついてるもん』




スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/09/29 22:26 ] | 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0)
お葬式で・・・
これは とある高校生Aさんの体験談です。

ある日Aさんの友達の母親が崖崩れの事故に巻き込まれて亡くなってしまいました。

その友達とは仲良かったのでお葬式に行くことにしました。
古い葬式場で、学校関係の方たちが目立つお葬式でした。

Aさんが会場に入り、何気なく入り口横の窓ガラスを見てみると、
ガラスいっぱいに顔を近づけてこちらを見渡している、痩せこけた色白の女性がいました。

どこかで見覚えがあるが、喪服を着ているし、
誰か友達のお母さんだろうと思ってました。


そして式場に入り、棺桶の上の写真を見て驚きました。


そうです…。


入り口でみた窓ガラスの女性は、友達の…亡くなった母親だったのです。

自分のお葬式にきてくれた方たちを見ていたのですね。


テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/09/03 20:42 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
うずくまる影
今日は、某恐怖番組でみたお話を紹介します。

これは タレントのEさんの体験談です。
Eさんは若干霊感があり、心霊ロケも少なくありませんでした。

その日 心霊トンネルのロケにきたEさん。
ロケバスをおり、何気なくトンネルをみると
トンネルのちょうど真ん中くらいの場所に うずくまる人影をみた。

何だろうと考えていると 霊能者がバスからおりてきました。

そして
『霊いますね』
と一言

ロケハンは驚きを隠せずにいるなかEさんは
『真ん中あたり うずくまってます?』
と霊能者にきいた。

すると霊能者はうなずき、男性の霊だと言った。

ロケを続行するか否か話し合っていると、トンネルの前に一台の乗用車がとまりました。

すると中から若い男女四人がでてきました。
見たところおそらくカップル二組である。

ロケバスからその様子をみていると、一組のカップルが後押しをされて、トンネルの中に入っていった。

Eさんたちはそれを見ていた。

うずくまる人影はまだある…

そして その人影をカップルが通り過ぎた瞬間…


うずくまる人影がムクッと立ち上がりクルっと向きを変えてカップルに着いていってしまった。


心霊スポットに行くと霊を連れてかえってしまうと言われているが
その決定的瞬間をEさんはみてしまったのだ…。

心霊スポットには近づかないほうが身のためですね。


テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/09/02 20:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
冷凍庫
とある夫婦のお話です。

この夫婦は、すごく仲が悪く喧嘩が絶えませんでした。

ある日のこと、いつものように口論になり、
激怒した夫が妻の背中を包丁でひとつき…

心臓につきささり、妻は即死しました。

夫は、怒りに任せマズイことをしたと後悔したが、今さらいっても遅いと、
遺体を頭部、胴体、手足に切り分けて、頭部を冷凍庫に、それ以外をお風呂場に隠しました。

その日は夜も眠れず、遺体をどうするか考えていました。

そして次の日仕事から帰ってくると、夫はノコギリとミキサーを用意しました。

そして、お風呂場から手足を持ってくるとそれを細かく切り刻み、
ミキサーにかけトイレに流してしまいました。

かなり大変で気持ちの悪い作業だが、これをやるしかない。

次の日は胴体。

かなり苦戦した。

途中ハンマーで骨を砕き、肉を引きちぎり、夫は血まみれになりながら作業を終えた。

そして残るは頭部のみ。

頭部はビニール袋にいれて冷凍庫にいれてある。

体力的に限界だった夫は次の日に頭部を処理することにして眠りについた。

夜中の2時ごろ。

台所からガサガサ物音が聴こえる…

何かと思い行ってみると、冷凍庫から音が聴こえていた。

薄気味悪いが、調べてみないと気がすまなかった。

恐る恐る冷凍庫を開けると…

ガタン!
ゴロゴロ…

袋詰めの生首が床に落ちて転がった…

半透明の袋越しに妻の目がこちらを睨みつけている。

夫は吐き気をもよおしトイレに向かい、便器を覗きこむと、水が真っ赤な血に染まっていた。


夫は家を飛び出て警察に自主したが、しばらく悪夢にうなされたという…


テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/08/15 22:31 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
富士の樹海
どうも…
りんです

怖い話が活躍する季節になりましたね

なので皆様を恐怖の世界に誘いたく思います…

でわでわ…
お聴き下さい。


これはとあるトラックの運転手Aさんのお話です。

その日Aさんは、積み荷を運ぶために、山道を通っていました。

目的地にたどり着くには富士の樹海の横の道をずーっと走っていかなければならない…

しかし時刻は夕方

暗く薄気味悪いことこの上ない…

でも仕事なのでそうも言ってられないので仕方なくその道を走っていた。

一時間ほど走って、山を降りたところで他のトラックとすれ違い、安心したこともあり無線でドライバーに挨拶をした。

するとこんな返事が帰ってきた…

『よう!隣の彼女によろしくな!』

Aさんは一人で走っていたのだった…

Aさんは何が何だか理解できず、そのまま目的地に向かった。

そして家に帰ると奥さんが出迎えてくれたのですが…

『だれその人?お客さん?』

……

どうやらAさんは樹海から女性の霊を連れてきてしまったらしい。

その日からAさんの家に次々と不幸がふりかかった。

奥さんに腫瘍ができてしまったり…会社が倒産したり…

自殺者の霊はかなり危険みたいですね…




テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

[2010/07/31 22:16 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。